Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
タグ:弁護士との攻防 ( 5 ) タグの人気記事
|
|
2007年 01月 23日 |
昨日の調停の結果なのですが・・・
なんだかすごい話になっちゃいました。

母と伯母が被告と原告なんだけど・・・結局、被告側の母は話しにならないので
(言い値1000万円なのに、買値が100万じゃねぇ)
あたし+いとこのにーちゃんたちになってしまいました。
しかも、にーちゃんたちが入ってくれたことにより、言い値の1000万は却下され
固定資産税額評価額での争いになりました。

600万 vs 100万

それでも話にならず、不調になってしまうと裁判になり
ヘタをすると強制執行されてしまうというのに、母は何も考えを変えようとはしない。
(大物なのか何もわかってないのか疑問だけど・・・。)

この当りまでが前回の話かな?

今回はあたしがなけなしの200万をプラスし、300万
そして、買い手がいなかった(というか、現れるとは思えない)田畑山林を
いとこのおにーちゃんが90万で買うというパッケージ攻撃

でも、相手方の弁護士はうんと言わない・・・

なぜ、うんと言わないのか、続きを読む
[PR]
by sweet_candy_aya | 2007-01-23 17:49 | ひとりごと |
2007年 01月 22日 |
今日は実家に調停のためにきてます。
ただいま、簡易裁判所。本当にお金の問題だよー
いきなり、借金魔王になりそうな予感。

相手方の弁護士と調停委員が話してるため、小休止中
[PR]
by sweet_candy_aya | 2007-01-22 14:16 | ひとりごと |
2006年 11月 13日 |
b0001453_23192675.jpg

第1回調停

行ってきましたよぉ~、この木枯らしが吹く中。
まぁ、日中は暖かかったけどね。
久しぶりに見る母は、超が付くくらい病人になっていました。
びっくりです、8月に会った時にはほぼ自分でなんでもやっていたのに
今はほとんどが人任せで・・・見てるだけで泣きそうでした。

そして、生まれて初めて簡易裁判所に足を踏み入れました。
極度の緊張のストレスから右背中が痛み、未だにその痛みは引かない。たぶん・・・内臓が原因?
まず、母があまり調子良くないので
代理人の申請書をいとこのおにーちゃん達と書いて身分証明書とともに事務員へ渡す。
このおにーちゃん達は兄弟で、上のにーちゃんはうちの家の自他共に認める長男待遇

そして、調停。
まず、母が一人呼ばれたので車椅子を押して部屋へ入る。
あたしは代理人なので、認められない限り中に入って話を聞くことはできない。
そして、事務員から代理人と認められたので同席してよいとのことで、その部屋へ。

中に入ると、調停委員は3名(うち2人はバッジから弁護士と判明)申立書に対しての発言を求められる。

泣きそうになりながらも一生懸命説明、にーちゃん達は発言権がないと思っているのか何も言ってくれない。
でも、もうダメだと思ったのでにーちゃんに助けを求める。

にーちゃんは、子供時代と高校時代の3年間を実家(彼の母の実家でもある)で過ごしたので
思い入れがいろいろあるらしく、50にもなるのに泣きながら話をしていた姿が痛かった。
それを見ながら更に泣くあたし。弟のおっちゃん(名前が央)もやはり泣きながら話す。

こんなに人のうちのために泣くにーちゃん達と同じいとこなのに、なぜ争うんだろう?

お殿様にもらった土地だから、金品は一切かかっていないのに・・・・。
祖母が生きてる時代からずっと父が亡くなるまで、ずっと土地の固定資産税も払ってたのに。
祖母が亡くなったら、誰にも何も相談せずに登記簿の変更をした伯父・・・
旧の民法ならならともかく新民法になってからの書き換えなのに、彼の姉にも弟にも一報もなしだなんて信じられない。
と、あたし達は訴えてきました。

調停委員の人達も登記簿の名義を書き換えたのがその時期だと知って、姉&弟の同意を得ないのはおかしいと言ってくれました。
あたし達が先祖からの土地を大事にしようとしてることが伝わったみたいです。

さて、次は提示金額の問題。
向こうが出した最低600万(評価額)と母が提示した100万
その歩み寄り・・・調停委員は400万が限度というんだけどね、年金生活者の母がOKするかどうか。
・・・にーちゃん達は土地を捨てて行ったんだから200万で十分だと言うんだけどね。

決着はまだまだ着きません、次回12月に続く。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2006-11-13 23:29 | ひとりごと |
2006年 10月 14日 |
せっかくサポートで本領発揮って思ってたのに、忙しいおにーちゃんには専門のサブがつくらしいです。
あたしは、またぼっとする日が増えるのかも?
まぁ、勉強するからいいけどさぁ・・・忙しいダーリンを横目に見ながら勉強してるのも気が引けて・・・。
「何かできることあったら、やるけど?」と声はいっぱいかけても、
「もう目一杯なんすよぉ。でも・・・なんとかしますよぉ。」と言われるのも辛いもんあり。

制度とかそういうのはからっきしだから、仕方ないけど・・・そんな状態なので、ため息ばかり。
ダーリンは、「つきさんがいてくれて、聞いてくれるから助かりますよ」と言うけど
それって、やっぱり癒し系というか和み系なだけで・・・何の戦力にもなりやしない。

。。。まぁ、ここは男の世界だから仕方ないんだけどねぇ。

ということで、相変わらずぐちってはいますが、ちょっと元気にはなってきましたよぉ~。
○ソナで、何回やっても見れなかった京楽マーク見れたし(笑)← わかる人だけ、わかってね。
なんか、それがいろんな意味で復活のきっかけになってくれそうな気がします。

そして、係争中の実家の問題ももしかすると進展するかもしれません。
実家サイドでも家裁に調停申し込んでたのに、それは蹴って(なぜ、蹴るのか意味わかんない)
相手側が和解を違う裁判所に申し入れたみたい・・・。
あたしも来月出廷する予定です・・・どうなるんでしょうね? 

係争中関連記事 続 これって脅迫
            調停かけてるのに
            弁護士との対決1  
[PR]
by sweet_candy_aya | 2006-10-14 02:45 | ひとりごと |
2005年 10月 13日 |
ただいまぁ~でございます。
正しく言えば、昨日の夜中に帰ってきたのだけどね・・・。

ちょこっと土地のことで親戚ともめてまして
東京から実家までわざわざ相手方の弁護士がいらっしゃったのですよ。
雰囲気はソフトなんだけど、ちょっといけすかない奴でした・・・
母は「難聴なのでちょっと大きい声でお願いします。」って言ってるのに、
聞かせたくない話は小さい声でするし、気持ちスゴミをきかせるし
あぁ、喰えないヤツだなぁってのが感想。

前もってこういうことがあることを知らせていた
長男と自負するいとこがこの件について事前に自分の会社の顧問弁護士と話したら、
その人を知っているらしく「あいつだと家裁の調停だなこりゃ」ともらしたとのこと

なんだか波乱万丈

あたしの生活ポリシーにはあわないなぁ・・・

にーちゃんに「会社の顧問弁護士を紹介してもらって相談しろ」と言われたけど
同じ民事でも得意分野違う気がするけどなぁ・・・
どうしたもんだろ?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-10-13 11:35 | 四方山話 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon