Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 04月 26日 |
2月以来、あたしは4時に起こされる。
だから、帰ったら夕飯食べて一度仮眠することにしている。
なぜなら、毎朝4時前後に、すっごい物音と振動で起こされるから。

でも、早起きする人かもしれないから我慢してきた。
ある平日の0時過ぎに帰ってきた隣人はお友達を数人連れていたらしく大騒ぎ。
女の子のきゃーきゃーの嬌声付き。
いつか止むだろうと耳栓して我慢してた。でも、それは朝の6時まで続いた。。。
結局、一睡もできず

さすがにぶっちぎれて不動産屋に怒りの電話、ついでに早朝の物音と振動も。

でも、それから1か月たった4月のある土曜もお友達連れて大騒ぎ
それは午前3時に終わったから我慢。

そして・・・ブチ切れる日がとうとうやってきた。
ある金曜日の午前3時・・・ふと目が覚めて壁に寄りかかって水を飲んでたあたしが
叫び声を上げるくらいの背中から響く振動と物音。

迷わず、隣にピンポン攻撃×20回
いやぁ、出てこないからさらに逆上して怒鳴ったね(笑)
・・・あたしが近所迷惑てか?(*_*;

そして、また不動産屋に電話。

管理会社としては個人特定しても直接注意はできないから、警察呼べって言うんだよ?
周りに対する騒音ならありうるけど、個人の騒音で警察なんて動かないって
こんな話、ありえあなくね?
じゃ、今、お抱え弁護士いるし  ( ←  東電訴訟のためのね。 )
弁護士通して、民事訴訟起こして損害賠償請求したいって言ったらダメって言うの。
その音のために眠れないから仕事に支障きたしてるし、心療内科にも通い始めてる。
あたしに隣人は、そんくらいの損害を負わせている。
たぶん、隣人にはそんくらいやんないとわかんないんだもん、やるっきゃないと思うけどなぁ。
どうせ弁護士費用払うの、あたしだし・・・よいと思うんだけどなぁ

ちなみに
ピンポン攻撃と怒鳴り込んだのが功を奏したのか、ここ数日、ちょっと物音が静かなドンって音だけ
さて、これは何日続くのかなぁ?

弁護士に相談したら、その音を弁護士本人が体験できたら何とか対応しますって言ってくれたから
訴訟は大げさかもしれないけど、次のことを考えよう。
隣人の逆側隣の人の証言と階下の人の証言を録音か文書にしてもらうのが先かな?
それがあったら、管理会社も動かざるを得なくなるって弁護士が言ってたし。
もしくは、更新したばかりだから引越費用を含めた賠償金をもらって退去したい。
も、ここのマンションには愛想が尽きた。

にーにも言ったら、あんまり大事にするなって
何かあって逆切れして仕返しされたら怖いってさ。
守るものがある人の言葉だよなぁ・・・少しは一緒に怒ってほしかった。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2014-04-26 22:01 | ひとりごと |
2014年 04月 23日 |
あぁ・・・また始まった。
夜中になると壁に何かを叩き付ける音・・・
壁が揺れる。

にーに怒られたから、怒鳴り込みに行けないけど
今日はすでに0時から3回。

また、朝の4時半にその音で起こされるんだろうなぁ・・・。

とりあえず、寝よ。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2014-04-23 01:30 | ひとりごと |
2014年 04月 21日 |
1日介護休暇をもらって、母の検診に付き合ってきた。
母は、寝たきりで左手が不自由で右手の指もだんだん機能が衰えてきたけど
口と頭は元気。

でも、昨日はちょっと落ち込みモード。
「あたしは震災を生きのびてよかったのかなぁ?」
「こうやって寝たきりで、あなたや周りに迷惑かけて生きてる意味あるのかな?」
「あなたは、あたしの子供に生まれて後悔してない?」とか・・・

母が震災を生き延びて生きててくれてよかったと思ったのは事実。
あたしもお~ちゃんも母の安否がわかって本当にほっとして泣けた。
寝たきりだって、こうやって会話ができることは幸せだと思うし、
不自由でも一生懸命生きてる母の姿に力づけられてる人はいる。

小さい頃は、母が周りのママ達より年長でいろいろいじめられたこともあったけど
あたしは、厳格だったけどちょっと抜けてた祖母の孫で
内弁慶で外面ばっかよくて溺愛してるのにどう愛していいかわかんない不器用な父や
いつも苦労だっかりしてて耐えることばっかりだった母の子供でよかったと思う。

父に似ちゃったから、ちょっと八方美人で飽きっぽくて
祖母に似ちゃったからすっごい保守的で勝気で頑固で
母に似ちゃったから心配性の耐えるばっかの人になったけど
このうちに生まれたことは後悔してない。

あたしにいろんな願いを込めて祖母がつけてくれた名前
日の光ではなく、優しく静かに旅人の足元を照らす月のように
あたしはたぶん生きていく。
ま・・・誰かを導くような光にはなれないけどね。

そんなことを思った2日間でした。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2014-04-21 23:14 | ひとりごと |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon