Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
<   2005年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 06月 30日 |
それはまだあたしが幼稚園児の頃・・・
近所にそれはそれはゴウツクなおばぁちゃんがいた。

ちなみにそのおばぁちゃんは、同じ年の男の子の祖母だった。

遊びに行くと
「たたみが擦り減るから外で遊べ」と言われ
彼が持ってるおやつはインスタントラーメンを割ったものだったり
雨の日とかにテレビを一緒に見てると
「自分ちで見ろ」と追い出された・・・・。

決してそこんちはお金持ちではなかったけど
普通のおうちだったと思う。

そのおばぁちゃんが病気になって入院した。
お金がかかるから病院を抜け出したという話を耳にし
無理やり連れ戻されたという話も茶飲み話に聞いた。

そんなある雨の日
あたしはそのおばぁちゃんが外を歩いてるのを目にする。

「こんにちはぁ~♪」とあいさつし、うちにいた祖母に
「あのおばぁちゃん、元気になったんだね。」と言うと
祖母は「目をあわしちゃいけない、うちにお入り」と厳しい声で叱られた。

あたしはこっそりそのおばぁちゃんを窓から目で追い続けた。
隣んちの畑に入り何かを物色し、また歩き出し、また他所の畑に入る。
そんな不思議な繰り返しをしているうちに視界から消えた・・・

続きは?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-30 18:56 | 四方山話 |
2005年 06月 29日 |
うだうだと悩んでたデジカメですが、(いろんなコメントありがとう!)
無事、FX8に決定しました。

最後までZ1と悩んでたんだけど
えいやっと決めてしまいました。

買うのは来週になるかもしれないけど、近いうちにゲットしてきます。

問題は会社で使えるかだなぁ・・・・
使えなかったらおうちのPCも変えないとあかんかも?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-29 19:07 | ひとりごと |
2005年 06月 29日 |
台風一過の青空が広がる中、あたしとお~ちゃんは伊豆にお出かけ。
(かなりの伊豆好き~♪)

かなりのうきうき状態で、岩場から海を見る。
「すごいねぇ~きれいだねぇ。あそこから下に降りられそう」とはしゃぐあたし。
油断した瞬間、帽子が飛ばされた・・・。

「あっ!」
「取ってくるからここから動かないでね。」
「はぁ~い」

でも、じっとしてるあたしではなく下に降りられそうなとこを吟味しながらうろうろ
そして、後ろからど~んと押された・・・

体重が軽かったら、きっと岩場の下までとか海までとか
足を踏み外したんだろうけど(苦笑)
運がいいのかわるいのか下まで落ちずに海側の一段下の岩場に落ちた。

また、やられたよぉとか思って、
びっこ引きながら崖をよじ登って元いたとこに戻ろうとしたら、
お~ちゃんが必死に「つき~、つき~」と叫んでる。

それから、どうしたの?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-29 17:41 | 四方山話 |
2005年 06月 28日 |
あんまり続くので、お~ちゃんに
こうこうこういう人に心当たりないの?と聞いてみた。
「う~ん・・・わかんない。」口を濁すお~ちゃん。

「その言い方って、なんかあるってこと?」
「ううん、何もない・・・」

結局、お~ちゃんは自分も害をこうむって口を割ることになる。

一人で寝てる時にふと息苦しくなって目を覚ますと
ドアの向こう側が透き通って見えて、おねぇちゃんが立ってたらしい。

そして、次の日。
夜中に目を覚ますとおねぇちゃんは部屋の中に。

だんだん自分に近づいてくるその姿は、とても怖かったと話していた。

その週末、あたしが一番の被害にあった。

夜中に息苦しくて目を覚ますと、そこには首を絞めるお~ちゃんの姿が・・・
格闘・・・(笑)、蹴る、殴る、爪で引っかく等々
思いつく限りの抵抗を試みる。

たぶん、お~ちゃん自身の本当の力で絞められていたら
ここでブログを書いてるあたしはいないと思う(笑)


「・・・お~ちゃんにあんたはいらない。あんたなんて、死ねばいいのよ」
お~ちゃんの口からお~ちゃん以外の声がする・・・

まじ、殺されるかと思った。
抵抗はさらに激しく、おなかに蹴りを入れること数発・・・

えっ?どうなるの?続きを読む
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-28 16:04 | 四方山話 |
2005年 06月 28日 |
昨日は、○クセスの研修で久しぶりに秋○原に行ってきました。

5年も行かないと様変わりが激しいようで・・・(あたしゃ、ばーさんか?)
すっかり知らない街に生まれ変わってました。
(ドンキホーテあるし・・・まじ、びっくりしましたよぉ。)

お昼にご飯食べに行ったついでに、あの日差しの中をお散歩。
あらあら萌○系のお店も増えて・・・
18禁のゲーム店もたくさんあるし
ここって本当にオタクな街になってしまったと実感。

まぁ、あたし自身オタク系だからいいんだけどねぇ・・・。
決して萌○系じゃないけど・・・

再開発とやらでできた、駅前の新しいビル群にもちょっとびっくり
まだまだ工事中だったけど、電気街という言葉は当てはまらないみたい。

そのうちもっと開発が進んで、オタクな街とビジネス街を隔てるのは
中央通りという川になるんでしょうか?

肝心の研修は?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-28 13:21 | ひとりごと |
2005年 06月 24日 |
ここんとこ、怖い話をシリーズ展開してますが
これも実際にあたしやお~ちゃんに因縁がある場合と、
まったく知らない人(ん?人か?)の場合に分かれます。

ここんとこは「因縁シリーズ」(笑)

お~ちゃんちには、呪いの鏡台の話しとかいろいろあるみたいですよ。
事実関係わかんないから書けないけど・・・。

うちは、おばぁちゃまがすっごい霊感強い人だったから
おばぁちゃま関係の話しはごろごろしてます。

あの人は死ぬまですごかったと今でも思ってます。

いろんな怖い話しですが、
怖かったことは怖かったけど、実害はないから。。。
誰も死んでないし・・・

あっ、それで思い出した。
道端の占い師の人に「あなたってすっごい守護霊持ってるのね?」と
いきなり呼び止められたことがあります。
足を止めて失敗したなぁと思ったのもつかの間
「あなた、その守護霊じゃなかったらとうに死んでるね。」と・・・
走って逃げたのは言うまでもありません(爆)

怖かったです。
幽霊にあった時よりもおばさんのその言葉は怖かったです。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-24 17:34 | 四方山話 |
2005年 06月 24日 |
髪の長いおねぇちゃんは、それ以来あちこちで姿を現すことになります。

お~ちゃんちで、寝静まった夜中に階段を登る人の足音が聞こえたり
出先でふと目を覚ました時に、ベッドの脇におねぇちゃんがいたり・・・

どんどん、あたし達に近づいてる気がしたのを覚えています。

別な日、伊豆の城ヶ崎で(その頃は月1回ペースで伊豆に行ってた。)、
自然探求路を歩いていると海が見張らせる崖にぶちあたった。

「すごいねぇ・・・」無邪気にはしゃぐお~ちゃんにつられて
あたしも崖に足を踏み出す。そして・・・

「お~ちゃん、そこそれ以上ダメ!」
あたしは思い切り、お~ちゃんを遊歩道側に引っ張った。
なぜなら、下を覗くお~ちゃんの足に手を伸ばしている姿が見えたから

「・・・・もう少しだったのに。」
あたしの耳にはそんな呟きが聞こえた。

遊歩道に戻ってたら、そこには「飛び込まないで!」の立て札と
黄色と黒のロープが張られていた・・・数歩遅れて遊歩道を歩いてた人は
止めるまもなくあたし達がロープを跨いでいく姿を見て、
どうしようと思ってたそうだ。

いくら夕暮れ時でも足元のロープを見逃すはずはないのに・・・

まだ、読みたい?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-24 12:16 | 四方山話 |
2005年 06月 23日 |
それはまだお~ちゃんと付き合い始めて数ヶ月の頃の事件。

海がみたいねぇと二人で出かけた伊豆。
さんざん遊びつくして、美味しいもの食べて、泊まったプチホテル。

夜中にドアが開く音で目が覚めた・・・

「んっ?お~ちゃん、トイレ?」
うっすらと目を開けると隣にお~ちゃん。

「あ・・・」やだなぁ、怖いなぁ、みたくないなぁ・・・。
でも、これが見ちゃうんだ。(好奇心強いから・・・泣)

お部屋のドアは閉まってる・・・ん?なぁ~んだ、気のせいか。

お水でも飲んで寝よっと起き上がろうとした瞬間、それに気づいた。

ベッドの足元に膝立ちした感じで、覗き込むロングヘアーの女の人の顔・・・
やば、目があった・・・そらせない・・・

女の人というよりはちょっと若い感じのコ。
「生きたかった・・・」ってさぁ、海で亡くなったコかなぁ?

それにしては・・・にらんでるけど。。。。

まっ、いいか。
寝よ。

そして・・・
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-23 17:40 | 四方山話 |
2005年 06月 22日 |
朝からぽろぽろと問い合わせを何件かして
昨日作りかけの受付簿を加工・・・。

自分が何をどう加工したいのかわからなくて、いろいろ悩んだけど
入力規制でリストボックスができることに気づき、終了。
で、することなくなっちゃった(苦笑)

受付簿の作成中にネットでエクセル道場とかで
何かいい方法ないかなぁとチェックしてたら、元の部署の課長に
「仕事あんの?ちゃんともらえてる?なかったら戻すから。」と
率直な質問をされ、ドキドキ  ぐさっ↓↓↓ヽ(;д;)ノ↓↓↓ぐさっ

「ない。」って言ったら、ここの部署の課長の立場ないし
どう答えていいか悩みながら出た言葉は

「ぼちぼち・・・」(苦笑) ``r(・_・;) ポリポリ

おーい、そんなんでいいんかぁ~かぁ~ぁ~ぁ
心の中の呼びかけは無視し、後はひたすら笑顔でカバー
(きっと課長は、なんで笑うんだろうと思ったに違いない・・・)


デイリーワークがなくなった分だけ暇になったとは口が裂けても言えません・・・。
あたしったら、どこに行っても悩みがつきないわ(笑)


・・・・・そんなこんなで、新しいデータベース作りを始めました。
時間がある時にはこれに限る。。。。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-22 17:22 | ひとりごと |
2005年 06月 21日 |
ブログ書いてたら
ここの部署の課長にチェックされて、覗き込まれた。

しかも読もうとしてる。。。。{{{{(|||▽|||)}}}}サァーーーーー・・・

やば、やば。

そっと送信して、違う人のブログに画面を流してしまった(爆)
あはは・・・・<(; ^ ー^) マイッタマイッタ
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-06-21 19:06 | ひとりごと |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon