Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
写真に対する考え方・・・
2004年 10月 29日 |
これはコメントのレスです。

あたしが写真を撮る時の考え方とか
そんなとりとめのないことが書いてあります。

ちょっと素なので。。。。かなり恥ずかしいかも



そうかな?面白かったかな?(笑)
なんかよく考え方が人と違うとは言われるけど・・・

Live写真はその場の雰囲気が伝わってアーティストの写りが
良かったらそれでみる人たちは80%以上満足しちゃうじゃないですか?

あたし的には自分を出すと言うよりは
アーティストの隠してる表情とか気を抜いた素の顔とか
撮れたらそれで満足って気持ちがほとんどを占めてました・・・・
だから、のめりこみながらも冷静にステージを分析しながら
Live中なのに被写体のアーティストと会話しながら
(ボディランゲージと口パクで・・・)、写真を撮ってました。

以前コメントに書いたパンフに写真を使ってくれた
今は有名になったある人が「お前が一番俺をカッコよく撮る。
素の顔撮られてもお前の写真は200%増しで美化してる。」って
よく言ってたんだけど、その人がいなかったらたぶん写真を撮る
って行為自体止めていたかも・・・その人に認めて欲しくて
がんばってた気がします。というか、がんばってました・・・。

でも、自然はどうしてもその時の感情がでちゃうような気がするんです。
それがいい悪いは別として。

伝えたいことがあるから写真を撮るんだけど、
きれいとか感動とかその気持ちを伝えたいのに・・・なぜかそうじゃない。

中学の時になんかのコンクールで賞をもらった唯一の風景写真の
批評がその撮った時の自分の感情そのままをずばりと当てられて
その時のトラウマなのかもなぁ・・・(苦笑)

自然はなんのてらいもなく、あるがままの一瞬が美しいでしょ?
自然は誤魔化せないから怖いんですよ・・・花月さんのように
ちゃんと自分を持ってて、写真を撮ることで言葉以上のものを
伝えることができたらきっと自信が持てるのかも。。。

Liveでものめりこみすぎて自分の感情が入ってしまった写真は
(アーティスト側にはいいみたいだけど)、こっぱずかしいうえに
あまり出来がよくないとしかあたしには思えないんですけどね。

なんか支離滅裂だなぁ・・

と、ひとつ思ったんですが。。。
花月さんじたいがアーティストだから写真が言葉を持つんですね。
だから心に残る。そんな気がします
[PR]
by sweet_candy_aya | 2004-10-29 02:27 | ひとりごと |
<< 奥が深い・・・・ ページトップ 声を大にしては言えないこと >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon