Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
見てくれてる人がいて、よかった。
2007年 06月 22日 |
あたしが住んでるとこは住宅地。
一番近いコンビニ(種類はいっぱいある)のどれに行くのも最低5分・・・
もちろん(自慢か?)食べ物屋さんは5分以内の近所にはない。

本当に住宅地の真ん中

元々フレンドリーな体質なので、犬つながりで話をするようになった人や
なんとなく挨拶をする人はたくさんいる。
ただ、おばぁちゃん達が亡くなって土地が分割・分譲されて
引っ越してきた新興の人達とは一線を引いている
・・・理由は、最低限のマナーも守れないよそ者だから。
こちとら、アパート暮らしでもここに15年以上住んでるんじゃって
言いたくなるくらいの新興住人のマナーの悪さが目につくし
一軒家なら偉いのかい?と切れそうになることも暫し。

ま、それはおいといて(ついつい、日頃の不満が・・・)
一番会話をするのが道路を挟んだ2軒のおうち
一軒は亡くなったおばぁちゃんとこれまた亡くなった犬と仲良しだった。
そして、もう1軒・・・ここはストーカー事件の時にお世話になったおうち。
おばちゃんはこれまたフレンドリーで話すと止まらないタイプ(笑)

今朝もでかけようと玄関をでたら、
ベランダで洗濯物を干してるおばちゃんが「おはよう」と声をかけてくれた。
挨拶を返すと「その花、きれいだねぇ?なんて言うの?」と・・・

朝の1分は貴重なのに・・・話にのってしまう自分が怖い
「ストレリチアって言うんですよ。咲くのに10年かかって・・・」と説明を加える。
「毎朝、きれいだなぁって見てたのよぉ。」とおばちゃん
「ありがとう。じゃ、失礼します~」といってらっしゃいの声を背中に受けながら歩き出す。
でも、ちょっとウキウキ
空が雨が落ちそうに雲が厚くても、汗で首周りとかの気持ちが悪くても
スキップして歩きたいような気分。

誰も知らずに咲いててかわいそうって思ってたんだけど
見てくれてる人がいたんだなぁと・・・(詮索好きとも思うけど)ちょっとうれしかった。

まぁ、ここに住むのも後数ヶ月なんだけど・・・できたら、近くに越したいなぁ。
ただ今は運気が最悪なので、何をしてもダメと知り合いの占い師からストップがかかって
全てのことを放り投げてる・・・状態。
月が替わったら動き出そうっと。
(そんなわけで、麗さん7月になったらお伺いします。)
[PR]
by sweet_candy_aya | 2007-06-22 11:34 | ひとりごと |
<< 使用前使用後 ページトップ いやんなちゃった・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon