Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
それを人は自業自得という
2007年 04月 12日 |
実は、お~ちゃんがいないことにかこつけて遊んでいたら
ちょっとやばいかな?という状況に陥ってしまった。
まぁ、あたしにとってというよりお~ちゃんにとってなんだろうけど(笑)

いいことかと聞かれたらめでたいけど・・・総合すると、う~んって感じ。

そっちに行って幸せになるなら、ほっといたお~ちゃんが悪いのだろうし
もし行って辛くなるなら、お~ちゃんいるのに浮気したあたしが悪いし
どっちにしても自業自得ってやつですか?




実はですねぇ・・・プロポーズされちゃったのですよぉ。

相手は、一番よく連絡を取って話したり時間の許す限り会ったりしてる男の子
知り合ってから、もうかれこれ半年近く。
親分肌というかなんとなく甘えやすくて、お~父が亡くなった時も
一人で実家にいた時もなんとなく励ましてくれ、なんとなく側にいた。
優しいコなんだなというのが印象で、
俺がなんとかしたるって感じで男気があるコなんだなぁと思ってた。

ある時期からすごい自分を追い込んでがんばってるなと思っていたら
最近、一生つっきーを守りたいとか言い出した。
一応、お~ちゃんがいることが前提だしお~ちゃんのことを知ってるのにだ。

・・・あたしなんかより、同世代のコを選びなよ。
・・・一応、お~ちゃんいるしさ

お~じより俺の方がつっきーを幸せにできる。
・・・いや、お~ちゃんが最悪なのは誰にもわかることだけど

ずっと待つから
・・・いや、待たずに若いコと付き合って。

と、最近こんな言葉の繰り返しをしている。

友達に言ったら「究極の年下殺し」と言われたけど
どうもお~ちゃんの話からヒーロー精神に火を点けてしまったらしい。

でも、なんかよく考えると年が違うだけで、お~ちゃんの性格に似てる
まぁ、そこまで束縛気質かはわかんないけど

あたしを好きになる奴は、みんなこれか?(笑)

一応お断りしてますがどうなることやら、冷めるまでほっとくのが一番かしら?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2007-04-12 17:34 | ひとりごと |
<< 春真っ盛り ページトップ 言葉の壁~年齢のギャップ? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon