Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
あたしって、押しに弱いんだよぉ
2007年 01月 09日 |
年末に実家に蟹を送った。
蟹には当たり外れがあることをよぉ~く知ってるので
いつもウニを買っているお店(実は頼んだのを忘れてた、あはは。)と
楽天で、購入1位になってるお店から買うことにしたのだけど
結果は、いつも頼んでるお店の勝ちだった(ボタンエビ、超ウマかったし)

その負けてしまったお店のズワイガニは、味が薄く身がとても少なくて
「え~?」って思うほど・・・
毛蟹もミソは変色して、ちょっと食べる気にはならないなぁという感じ。
それでも、おまけで入ってたイクラの醤油付けは今までお取り寄せした中で
一番美味しかったし、ハサミや軍手が入っていたりで好感が持てた。

でも、一応、あたしにしては珍しくやわらか~くちょっと残念でしたとメールを書いた。
すると、すぐさま店長さんから返金か品物の再送をしますという返信が届いた。
いや、あの、そんなつもりじゃなかったんで困ったなぁとレスを保留してたら
その店長さんから電話がきた・・・。
いや、あの、その・・・とたじたじになるあたし。
ほら、元々が小心者だからそういうのには弱いんだってば。

あたしの心中としては、食べちゃったのに返金してもらうのは気が引ける。
美味しく食べたものもあるし、実家は母だけだから再送してもらっても困る。
だから、店舗評価でもなく直でメールにしたし、レポートのつもりだったんだってば。
でも、相手の店長は全然引いてくれない。
「次に頼んだ時においしいのを送っていただければ、いいですから。」と最終結論を言ったら
「では、今回の分は返金しますので・・・・」
いや、違うんだってば! あぅぅぅ、あたしの日本語が通じない。

「返金してもらうつもりなんてさらさらないんですよぉ。」
「では、お母様が美味しいとおっしゃってたイクラの醤油付けの大パックを・・・」
「あぁ、あの~、母は一人じゃご飯食べられないんで送っていただいても困るんですよ。」
と押し問答は続いていく。

さすがに仕事場なんで・・・根負け(自分ちだったら断れたかも?)
調停で、実家に帰る日があるのでその日に送ってもらうことにした。
「ただし、たくさんは困ります、蟹一個でいいですから。」と言うと
「では、美味しいタラバを・・・」
「いや、あの、余り気を使ってもらうと恐縮するんで・・・」
「いえいえ・・・」また、押し問答(゜o゜)

ということで、とりあえず、蟹が届くことになった。
こういうのって難しいね。
逆に次は美味しくなくてもメールはやめようと思っちゃった。

いっそのこと、逆切れで「マズイ」の一言の方がよかったのかなぁ?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2007-01-09 17:53 | ひとりごと |
<< ブランニューデイ ページトップ ただいまでございます~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon