Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
うそつきぃ~~~
2004年 10月 12日 |
会社の近所のうどんやさん(看板には「会席料理」の文字が・・・)

このうどんやさん、お昼はランチは
   釜揚げうどん
   鴨うどん        の2種類だけ。

美味しいかって聞かれたら普通と答えることにしてる。
なぜなら・・・なぜなら
  値段が高いから・・・・

だって、うどんだよぉ。
デザートまたは一口大のおにぎりがつくけど 950円。
チープな美味しいもの好きには許せない値段
(その近くで650円で、定食が食べられるおいしいお店もある。)

でもね、最初は懐石の店だから高いんだなって納得してた・・・
ところが、ある日、見てはいけないものを見てしまった
( 気づかなくていいとこに気づいてしまった・・・も可 )




いつもお座敷で中庭を見ながら食べたり、気持ち優雅な時間を過ごす。
雨が降ったある日、その店は超混みでカウンターに案内された。
しかも鍋の前・・・・。
ぼーっとみつめる癖のあるあたし・・・
友達と会話しながら板前さんの行動を見てた。。。。

ん?ありゃ、なんだ?  
           
             冷凍うどんが板さんの左手に・・・・

美味しいうどんはすぐ冷凍するって言うからね

んっ?うっそぉ~
              讃岐うどんって表示された、見覚えある袋が・・・・

             
あのぉ、カト吉って書いてありますけど・・・・
                   
んっ? まさか?
           
              お醤油の脇にあるのは何だろう?
               
昆布つゆとラベルが見えるんだけど・・・目の間違いだよねぇ


この辺で、あたしの顔ったらどんどん悲しい顔になっていったらしい
友達が怪訝そうにどうしたの?と聞いてくる。
食べ終わったらね・・・と言葉を濁す・・・

食べ終わって、経過を話すと彼女は全然見てなかったとのこと。

『あぁ~~~~950円って、カト吉のうどんなの?』と叫んでました。

あたしも同じことをその場で叫びたかったっす。

カト吉のうどんはおいしい。確かにおいしい。あたしもよく使う。
でも、懐石の店で使うなよぉ。しかも950円は取りすぎだよぉ

木ノ実ナナのサインが泣いてると思うよぉ。
あたしの悲しいお昼の話でした。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2004-10-12 17:50 | ひとりごと |
<< きんもくせい ページトップ 感動の渋皮煮♪ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon