Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
夾竹桃
2006年 06月 22日 |
夾竹桃の花咲けば・・・
過ぎし昔を思い出す

で、お馴染みの夾竹桃(白)です。
b0001453_18533530.jpg


・・・って、これって誰の詩かわかりますか?

って、書いたけど知ってる人っているんだろうか?
この詩、自体は佐藤紅録氏の作品
ちなみに、あたしは小学校の時に図書館の片隅でこの詩に出会った。
ボロボロの装丁の手垢がいっぱいの擦り切れた全集の一冊だった・・・。
これまた母の世代が必死で読んだという吉屋信子全集と一緒に整理されてた。

20年以上経っても未だに、なぜか夾竹桃を見ると思い出す。
(本当のイメージはこの写真と違って、濃いピンクだけどね。)
あの頃は最後まで覚えていたんだろう詩も今では、かなりおぼろ(笑)

今、あの小学校に行ってもこの本はないんだろうな。
ちょっとだけ読みたい。
(サクったら、絶版が多く、あっても8000円・・・もちろん、買いません。)
あの頃のあたしは、小4にして校長先生に「文学少女」と呼ばれてた。
そういえば、理科関係以外の図書館の本を全部借りたなぁ(笑)
図書カードにあたしの名前が記入されてるものって、まだあるんだろうか?
[PR]
by sweet_candy_aya | 2006-06-22 18:54 | ひとりごと |
<< 日にちがあわない~ ページトップ 電車の中で・・・気にしたらダメ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon