Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
悲劇は進行中
2006年 04月 27日 |
『 数百年後 』
qwert.6さんの『 数百年後 』 にトラックバック

この間、ぼーっとしてたら「チェルノブイリの今」って番組が特集で流れてた。
何の意識もなく、ぼっと見入るあたし。
あぁ、もう10年経つんだ、ふ~んと・・・

取材は、車で行けるとこまで車で入って
一般立ち入り禁止の中へは防護服も着けずに(表面上は)歩いて、進入
ガイガーカウンターがガーガーなる中、(怖くなかったのかな?)
爆発した場所のすぐ近くのフェンスまで歩いて行って
周囲の様子をカメラに収めて実況してた。

すると、犬の鳴き声が・・・
その声のする方に行ったら、立ち入り禁止地区なのに人がいた。

他所に連れて行かれたけど、この土地を離れては暮らせないと
戻ってきたおばぁちゃんだった。
食べ物はこの汚染された畑で作る野菜・・・

取材の人がどんなに説得してもどこにも行かないと言い張る。
入院してた病院に戻ったら?と行っても「NO!」と
あの事故が原因で、あたしのダンナは血を吐いて死んだ
自分もどうせ死ぬならダンナと暮らしたここがいいと。

国が勝手に発電所作って、爆発して
彼女には何の罪もないのに後遺症に苦しみながら
悲しみに耐えながら生きていた

その様子を見て、胸が詰まった。
あたしには何もしてあげられない・・・

うちの実家の方にも発電所がある
10年後同じ状況にならないとは言い難い・・・

何をするにもリスクのないものはないんだろうけど
リスクのあるものを作りたい人はそこに自分が住むことを前提にして作ってほしい。
そしたら、少しは利益だけじゃなく安全も真剣に考えるだろうから。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2006-04-27 12:53 | ひとりごと |
<< いじわる~、密かな楽しみ奪うな... ページトップ あはは・・・んっ?笑ってていいのか? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon