Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
夜中の電話は・・・
2005年 05月 24日 |
夜中に突然かかってくる電話は訃報やイタ電と相場は決まってる(マジ?)

昨日、お休みメールをお~ちゃんに出して
寝よっかなぁとぼーっと映画のビデオ観てたら、電話のベルが・・・

んっ?お~ちゃんかなぁ?

恐る恐る受話器を取る。



電話の相手はお~ちゃんママ。
時間は午前1時ちょっと前。

あたし:「こんな時間にどうしたの?」

お~ママ:「あのさ、30万貸して・・・」

あたし:「はぁ?」

お~ママ:「月末にカードの引き落としがあるんだけど払えない・・・」

あたし:「30万なんて大金、無理・・・」

お~ママ:「そうだよね、貯金ないって言ってたもんね。」

ぉぃぉぃ、そういう問題か?
夜中に電話してきて30万貸せはないだろうよ。
ころっと忘れてるだろうけど、前に10万貸した返済もまだなんだけど・・・
あきれて言葉も出ないあたし。

困ったなぁを連発するお~ママ。
連発されたって、どうにもならんわい。(だんだんムカムカしてくる。)

お金に困ってるなら毎日買い物に行くなよぉ、やり繰りしようよぉ。
ちょっとお金が入るとパチンコするなよぉ、そのお金貯金しようよ。
一日中うちにいるならパートとかに行きなよぉ。

 
言いたいことはたくさん。でも、全部飲み込む。。。。

本当は、

貯金しないと公言してるけど、実は老後のために気持ちだけ貯金してるもん、
貸すくらいの貯金はあるけど、お~ママにはもう貸さないんだもん。

いくら人がいいあたしでももう4年もみてれば、その人も見えてくる。
だから、返ってこないお金は貸さない!
努力しないでウダウダ言うって何も考えない人は嫌い!
[PR]
by sweet_candy_aya | 2005-05-24 18:56 | ひとりごと |
<< 肩がばきばきだよぉ ページトップ 人の親孝行 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon