Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
暗黒時代のおわり
2004年 11月 19日 |
そして、相変わらずの日々。

親父は時々ドアに落書きし
毎日電話をかけ、たまにドアをノックする。

あたしはといえば、週末の相手が友達でなく
前の年から付き合い始めたお~ちゃんに替わっただけ。

そして、ある日。





たまたまお泊りにきていたお~ちゃんが仕事のために
始発に乗らなければいけないとでかけようとしたら
ドアの前に人の気配。。。

思いっきりドアを開けたら、階段をダッシュで降りる後姿・・・
お~ちゃんはスニーカー履くのも半分に、その人を
追いかけたそうです。

追いついて、捕まえると右手に黒のマジック。

「マジックで何やってたんだ?」と聞くと
「散歩してたら拾った・・・」と。。。。

その人を捕まえて、あたしの部屋のドアを確認すると
書きかけのマジックの文字。

思いっきりぼこぼこにしちゃったらしい。

ストーカーであることの証拠はないし
写メールで、その親父の写真を撮って
これ以上、こういうことはしないことを約束させて
おどしてるとこにあたしが警察を呼びました。

警察の人がきた時には、お~ちゃんはおでかけをし
親父はうちに戻ってました。

とりあえず、メモで書いた誓約書をみせ
その親父んちに警察の人に行ってもらいました。

そして、翌週。

その親父は引っ越していきました。
しかも警察の監視付きで・・・・

親父がどこに行ったかはわかりません。
あたしも電話番号も変えたし、その後夜中の
ノックはなくなりました。

怖いのは、毎週末いないのにお風呂場の床が濡れてたり
トイレのふたが全部上がってたりすること。。。

親父、うちのカギ持ってるんでしょうか???

で、おしまい。

4日間、つきあってくれてありがとう。。。
[PR]
by sweet_candy_aya | 2004-11-19 17:36 | ひとりごと |
<< 優雅な休日のはずが・・・ ページトップ 暗黒時代③ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon