Under the rose ~ 約束は三日月の夜に
ayamoon.exblog.jp
  Top
暗黒時代②
2004年 11月 18日 |
それから、しばらくの間は、夜中に帰るのも避けた・・・・
週末もなるべく、友達のうちへ行くようにした。

でも、なぜか平日帰ると電話はなった・・・・
無言電話の回数は増え、PCにつなぎっぱなし

近くのおばちゃんたちにこんなことがあったので
不審者がいたらすぐ警察に電話するようにも頼みこんだ。

すると、近所で下着ドロボーが数件起きてることを聞いた。

またある日、階下(うちの真下)の女の子が物音に気づき
カーテンを開けて覗いたら、ベランダに人がいたことや
同じアパートの奥さんが隣のアパートから覗きにあってることも
聞きこんだ・・・・

なんと、この地区はパトカーを呼ぶ回数が他に比べて
頻繁なこともわかった・・・・・。

そして、ある朝、事件は起きた。



いつものように仕事にいこうとして、表に出た。
カギをかけようとして、愕然とした・・・。
ドアにマジックで、公衆トイレにあるような卑猥な文字が・・・・
写真を撮って、警察に電話。

被害届をだそうと交番に行ったら
あたしには出す資格がないと言われ、愕然とした。

しかも
「捕まっても3万円以下の器物破損だから、出してもムダでしょ?」と

あのぉ、あたしストーカー被害で何回も相談に来てて
警察も何回も呼んでるのに、それってありですか?

思わず・・・・
「レイプされたり、殺されたりしないと警察は動いてくれないわけ?」
って、言っちゃいましたよ。

泣いちゃいました。こんな真剣に困ってるのに・・・・・。


                   1時間以上かけて続きを書いたのに
                   間違って、Escキー押しちゃいました。
                   ショックです・・・ちょっと書きなおしたけど
                   疲れました・・・・寝ます。おやすみなさい

ということで、③へ続く。
(まだ、ひっぱるんかい????← 心の声)
[PR]
by sweet_candy_aya | 2004-11-18 02:36 | ひとりごと |
<< 暗黒時代③ ページトップ 暗黒時代① >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Flower Skin by Sun&Moon